伝えたいこと

しあわせというのは、食事のたびに感じられると思うのです。
炊きたての白いご飯があれば、その確率はさらに高まる。
わたしたちは、真面目にそう信じています。

そしてしあわせを届けるために、わたしたちができることは、手間はかかっても、できるだけ農薬や化学肥料にたよらずに、
人のからだにも土にもやさしいお米をつくること。
みずみずしい果物や野菜づくりで培ったノウハウを活かし、米一粒からも甘みと旨みが感じられるお米をつくること。

140年以上、わたしたちが歩んできたのは、「あんぜん、あんしん、おいしい」お米へとつづく道でした。
時代が変わっても、この想いをもって未来に向かいたい。
そして50年先、いいえ100年先まで、「白いご飯が、やっぱりいちばんおいしいね。」
そういわれるお米をつくるのが、わたしたちの願いです。